家が商売で忙しい

家が商売で忙しいのですが、今後、どう指導したらよいのでしょ,っか。絵本が好きで字もよく読むし、暗記カも優秀。これは大いにけつこうなことです。そのまま当人が好むようにさせておけばよろしいですね。「さてはわが子は天才か」と、買いかぶって、いろいろな書物を押しつけたりしてはい貯ません。逆効果を招くおそれがあります。いちばん問題なのは協調性が欠けているという点です。とはいえ一般に、四、五歳児は、おとなが期待するほど協調性はもっていないものです。しかし、どう見てもほかの子どもたちよりいちじるしく欠げているということなら、幼稚園の先生を訪れ、親しく懇談なさるようお勧めします。協調性の有無は、生まれつきの性質によるものではありません。後天的に、集団生活の中でしだいに学習してくるものです。それゆえ、幼稚園での園児どうしの交渉が、きわめて重要なのです。多分、あなたのお子さんは、他の園児たちより知能の発達が早かったのも一因をなして、集団への適応の初期段階でちょっとつまずいたのでしょう。これは、先生と家庭と密接に協力し合って誘導すれば、改善することができます。伽家が商売で多忙とのことですが、家族の成員間で簡単な役割分担を決めて協調の楽しさをぺ実感させるのは有効です。また同年輩の子どもどうし遊ぷ機会をつくってやること。さらにつ補助的手段として、協調の尊さを悟らせるような本をさりげなく与えることなども配慮して蜘ください。

出典:小学校受験のための幼児教室

WordPress Themes