無邪気に仲間と遊んでいる

すると、子どもは暴れん坊になりがちです。いずれにせよ、暴れるのに対して、叱る、仕置きをする、せっかんするなどは、効果がないばかりか逆効果を招くおそれがあります。暴れる真の原因はどこにあるのかを見ぬくことが先決です。子どもが乱暴したり、近所から文句を言われたりしたとき、親がつられて興奮しないこと。子どもが暴れたり、かんしゃくを起こしたりしても、要求を通してやらず、親は毅然たる態伽度をとること。これを貫きながら他方では、父親が子どもと遊んでやる、母親はスキンシツペプを心がける、子どもに年齢相応の役割を与える、興味ある作業に熱中させるというふうにつしてごらんなさい。多分、だいぶ様子が違ってくるはずです。格性六歳の長男は引っ込み思案の定めいつもみんなと遊べず寂しそうにしています長男六歳はたいへん聞き分けがよく、手のかからないおとなしい子どもです。しかし幼稚園へ三年開通園しながら、友だちと遊ぶことが不得意で、いつもみんなと離れて寂しそうにしています。無邪気に仲間と遊んでいる同じ年ごろの子どもたちを見ると、わが子が情けなく、悲しくなって私自身も落ち込んでしまいます。私も小さいころから引っ込み思案のほうであったため、息子の気持ちが理解できます。この春から小学校に入学するにあたって、これからはいじめられるのではないかと思うと、毎日が不安でいっぱいです。小学校に入学したのを機会に、息子には何かスポーツをやらせたほうがいいのでしょうか。

出典:

WordPress Themes